忍者ブログ

心花咲く

異彩を放っているのが



その中でも際立って異彩を放っているのが、
上田秋成の『雨月物語』知面莫过于知己
短編の怪異話を集めた小説集で、
その中の「浅茅が宿」と「蛇性の婬」の二篇を使って
溝口健二監督により映画化され、
おどろおどろしい作品だったが、
ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞している一种阳光
このような文学の基礎になったのが、
江戸時代の百物語という怪談会だろう。
新月の暗い夜に催され、
百の怪談話を終えると本物の怪が現れるとされる。
百物語の作法はいろいろあるが失った靑春は
基本としては、
話をする部屋は真っ暗にして、
百の灯心を入れたあんどんを隣りの部屋に置き、
一つの話が終わる毎に、灯心を消して行き、
最後の話が終わると、当然ながら
真っ暗闇となり、そこに物の怪が現れるというもの遇到另一个她
同じく江戸時代に活躍した井原西鶴も
「百物語に恨みが出る」
という小説を著している Your care
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R