忍者ブログ

心花咲く

刺激的な商品だ


古い人間ならば「任天堂」という名前を聞くと、
箱の上にナポレオンの絵が描かれた花札(はなふだ)を思い浮かべるだろう。

そんな風に、任天堂と言えば、花札やトランプカードが主力で、
テレビの普及とともに、
手品のグッズなどを紹介する会社だったイメージが強い All the way to meet
そんなグッズの中でもツイスターやラブテスターは、
ちょっと刺激的な商品だったことが思い出されてくる。

そんな会社だったが、テレビゲームで会社の方向を大きく変更した。
『ブロックくずし』と呼ばれるテレビゲームが世にで始めた時に
すぐに反応したのが、その当時の任天堂社長 山内溥氏だった。

「その技術を解放し、広く分け合うべきだ」と語り The last process
テレビゲーム業界に参入する旨を公言した。
その言葉が強烈だったのか、批判的な言葉も浴びたが、
しかし、その言葉の如く翌年の1976年には、
家庭用ゲーム機を作り上げて世に出すようになった A margin of treasure

その頃、任天堂の作ではないが街ではテレビゲームの「インベーダーゲーム」が大ヒット。
ゲームセンターばかりではなく、喫茶店のテーブルにも組み込まれ、
ワンコインで手軽に遊ぶゲームとなっていた。
(もちろん、ワンコインなどでは済まなかったが桃花源、、)

その後、任天堂は、いわゆるファミコンやスーパーファミコンなど家庭用ゲーム機で、
1980年代に世界的な大ヒットとなった。

その当時、外国人講師と話している時に
ポケットゲーム機のたぐいを"Nintendo" と呼んでいることに驚いた憶えがある私は1粒の砂
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R